• 本

大坂城 秀吉から現代まで50の秘話

新潮新書 932

出版社名 新潮社
出版年月 2021年12月
ISBNコード 978-4-10-610932-4
4-10-610932-8
税込価格 924円
頁数・縦 253P 18cm

商品内容

要旨

本願寺の大坂(石山)御坊の創建に始まり、豊臣秀吉によって築かれた大坂城。大坂冬の陣、夏の陣を経て、徳川政権下では将軍の城とされ、徳川慶喜もまたこの城で、各国公使と会見した。秀吉のきょうだいを名乗った者の末路や、淀殿の本当のお相手の名、豊臣秀頼生存説や、真田幸村、後藤又兵衛ら名だたる戦国武将の驚きのエピソード等、日本一のドラマティック・キャッスルの名にふさわしい歴史秘話50を紹介。

目次

第1章 豊臣秀吉(秀吉の顔
秀吉の父 ほか)
第2章 大坂の陣(大坂の陣のはじまり
真田信幸・幸村の官職 ほか)
第3章 戦のあと(豊臣秀頼の長男国松丸
豊臣秀頼の子供たち ほか)
第4章 大坂城史(蓮如上人袈裟懸の松
極楽橋 ほか)

出版社・メーカーコメント

本願寺の大坂(石山)御坊の跡に、豊臣秀吉によって築かれた大坂城。大坂冬の陣、夏の陣を経て、徳川政権下では将軍の城とされ、徳川慶喜もまたこの城で、各国公使と会見した。秀吉のきょうだいを名乗った者の末路や、淀殿の本当のお相手の名、豊臣秀頼生存説や、真田幸村、後藤又兵衛ら名だたる戦国武将の驚きのエピソード等、日本一のドラマティック・キャッスルの名にふさわしい歴史秘話50を紹介。

著者紹介

北川 央 (キタガワ ヒロシ)  
1961年大阪府生まれ。神戸大学大学院文学研究科修了。織豊期政治史、近世庶民信仰史、大阪地域史。大阪城天守閣館長。九度山・真田ミュージアム名誉館長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)