• 本

鉄道の食事の歴史物語 蒸気機関車、オリエント急行から新幹線まで

出版社名 原書房
出版年月 2021年12月
ISBNコード 978-4-562-05980-5
4-562-05980-X
税込価格 2,200円
頁数・縦 297P 19cm

商品内容

要旨

駅舎で買う簡素な軽食から、豪華な食堂車での温かな特別料理へ。鉄道旅行の黄金時代を支えた列車での食事の変遷を追う。レシピ付。

目次

第1章 食堂車がなかったころ
第2章 食堂車の登場
第3章 ヨーロッパ鉄道の高級ディナー
第4章 走るレストラン
第5章 食事のスリム化
第6章 ぜいたくと節約の黄金期
第7章 終わりと始まり
あとがき 列車に乗ろう

出版社・メーカーコメント

列車が移動手段だった頃の食事は停車駅で大急ぎで買うものだった。やがて人々が旅を楽しむようになったことで、高級な車両で豪華な食事が供されるようになる。鉄道旅行の黄金時代を支えた列車での食事の変遷を追う。レシピ付。

著者紹介

クィンジオ,ジェリ (クィンジオ,ジェリ)   Quinzio,Jeri
食の歴史を専門とするフリーランスのフードライター。2010年度国際料理専門家協会(IACP)の料理史賞を受賞した『Of Sugar and Snow:A History of IceCream Making(砂糖と雪:アイスクリームの歴史)』(未訳)などがある
大槻 敦子 (オオツキ アツコ)  
慶應義塾大学卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)