• 本

プーさんの戦争 世界一有名なクマのお話

児童図書館・文学の部屋

出版社名 評論社
出版年月 2021年12月
ISBNコード 978-4-566-01458-9
4-566-01458-4
税込価格 1,980円
頁数・縦 285P 21cm

商品内容

要旨

世界じゅうで愛されるクマのプーさん。プーさんは、ほんとうにいたクマでした!カナダの獣医師ハリーが、戦地に向かうとちゅうで見つけた一ぴきの子グマ。カナダ軍のマスコットとなり、大西洋をわたって、イギリスへ…。そこで、クリストファー・ロビンに出会います。この本は、ハリーのひまごにあたる作者、リンジー・マティックが、事実をもとに作りあげた物語。巻末には貴重な写真や資料がおさめられています。

著者紹介

マティック,リンジー (マティック,リンジー)   Mattick,Lindsay
ハリー・コールボーン医師の曾孫にあたり、絵本『プーさんとであった日―世界でいちばんゆうめいなクマのほんとうにあったお話』(評論社)の作者
グリーンハット,ジョシュ (グリーンハット,ジョシュ)   Greenhut,Josh
カナダ在住。Flat Stanley’s Worldwide Adventuresシリーズなど、これまでに15冊以上の子どもの本を手がける
ブラッコール,ソフィー (ブラッコール,ソフィー)   Blackall,Sophie
子どもの本のイラストや絵本を多く発表している。『プーさんとであった日―世界でいちばんゆうめいなクマのほんとうにあったお話』と『おーい、こちら灯台』(いずれも評論社)でコールデコット賞を受賞している
山口 文生 (ヤマグチ フミオ)  
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)