• 本

読書間奏文

文春文庫 ふ46−2

出版社名 文藝春秋
出版年月 2022年1月
ISBNコード 978-4-16-791816-3
4-16-791816-1
税込価格 660円
頁数・縦 198P 16cm

商品内容

要旨

友だちとうまくいかなくなった時、恋人と別れた時、どうすればいいのか、いつも本が教えてくれた。村上春樹「もし僕らのことばがウィスキーであったなら」、宮下奈都「羊と鋼の森」、吉田修一「パレード」、西加奈子「サラバ!」…。大切な本を通して、人生のターニングポイントとなる瞬間を切り取った、瑞々しい初エッセイ。

目次

犬の散歩
皮膚と心
もし僕らのことばがウィスキーであったなら
パレード
羊と鋼の森
コンビニ人間
妊娠カレンダー
火花
ぼくは勉強ができない
サラバ!
花虫
武道館
詩羽(しいは)のいる街
悪童日記
空っぽの瓶(ボトル)
フェミニズム批評
グレート・ギャツビー
夏の夜
ひとりの時間

著者紹介

藤崎 彩織 (フジサキ サオリ)  
1986年大阪府生まれ。2010年、突如音楽シーンに現れ、圧倒的なポップセンスとキャッチーな存在感で「セカオワ現象」と呼ばれるほどの認知を得た4人組バンド「SEKAI NO OWARI」でピアノ演奏とライブ演出、作詞、作曲などを担当。研ぎ澄まされた感性を最大限に生かした演奏はデビュー以来絶大な支持を得ている。文筆活動でも注目を集め、2017年に発売された初小説『ふたご』は直木賞の候補となるなど、大きな話題となった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)