• 本

老いも病も受け入れよう

新潮文庫 せ−2−45

出版社名 新潮社
出版年月 2022年1月
ISBNコード 978-4-10-114445-0
4-10-114445-1
税込価格 539円
頁数・縦 161P 16cm

商品内容

要旨

92歳のとき、相次いで襲ってきた腰椎の圧迫骨折と胆のうガン。つらい痛みで、死んだ方がましとさえ思う日々。でも、病のおかげで自分のいちばん大切なことがはっきりした。最期まで、小説を書いていたい―。リハビリの末、寂聴さんは再び筆を執れるようになった。老い、おしゃれ、食事、恋、友だち、手術、最愛の人たちとの別れ…。悩みながら生きるすべての人へ贈る瀬戸内流人生の叡智。

目次

第1章 老いに挑戦(老いを受け入れる
病院と仲良くしよう
老いてもきれいに ほか)
第2章 病に負けない(身体の声に耳をかたむける
医者の言葉をよく聞く
「神も仏もあるものか?」 ほか)
第3章 長生きしよう(足腰の筋肉の強化
日常生活で続けるリハビリ
治ってもリハビリ ほか)

出版社・メーカーコメント

92歳のとき、相次いで襲ってきた腰椎の圧迫骨折と胆嚢ガン。つらい痛みで、死んだ方がましとさえ思う日々。でも、病のおかげで自分のいちばん大切なことがはっきりした。最期まで、小説を書いていたい――。リハビリの末、寂聴さんは再び筆を執れるようになった。老い、おしゃれ、食事、恋、友だち、手術、最愛の人たちとの別れ……。悩みながら生きるすべての人へ贈る瀬戸内流人生の叡智。

著者紹介

瀬戸内 寂聴 (セトウチ ジャクチョウ)  
1922‐2021。徳島県生れ。東京女子大学卒。1957(昭和32)年「女子大生・曲愛玲」で新潮社同人雑誌賞受賞。’61年『田村俊子』で田村俊子賞、’63年『夏の終り』で女流文学賞を受賞。’73年11月14日平泉中尊寺で得度。法名寂聴(旧名晴美)。’92(平成4)年『花に問え』で谷崎潤一郎賞、’96年『白道』で芸術選奨、2001年『場所』で野間文芸賞、’11年に『風景』で泉鏡花文学賞を受賞。著書多数。’02年『瀬戸内寂聴全集』が完結。’06年、文化勲章を受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)