• 本

この橋をわたって

新潮文庫 あ−19−6

出版社名 新潮社
出版年月 2022年1月
ISBNコード 978-4-10-142606-8
4-10-142606-6
税込価格 649円
頁数・縦 319P 16cm

商品内容

要旨

妾は、猫で御座います。名前は、「ファー」って呼んでいただければ―。新井素子版『吾輩は猫である』で明らかにされる、猫に隠された秘密の使命とは?素直になれない猫と、不器用なカラスとの友情を描いた「黒猫ナイトの冒険」。14歳の少女が土地神様からの風変わりな試練に立ち向かう「なごみちゃんの大晦日」など、日常から伸びる「橋」をわたった先に待つ、心あたたまる8つの不思議。

出版社・メーカーコメント

妾は、猫で御座います。名前は、「ファー」って呼んでいただければ――。猫には、秘密の使命が隠されていたことが明らかにされる新井素子版『吾輩は猫である』。素直になれない猫と、不器用なカラスの友情を描く「黒猫ナイトの冒険」。十四歳少女が土地神からの風変わりな試練に立ち向かう「なごみちゃんの大晦日」など、日常から伸びる「橋」をわたった先に待つ、心あたたまる8つの不思議。

著者紹介

新井 素子 (アライ モトコ)  
1960(昭和35)年、東京都生れ。立教大学文学部卒業。都立高校2年生のとき、「あたしの中の…」が第一回奇想天外SF新人賞佳作に入選、星新一氏の強い推薦で作家デビュー。’81年「グリーン・レクイエム」、’82年「ネプチューン」で2年連続の星雲賞日本短編部門受賞。’99(平成11)年『チグリスとユーフラテス』で日本SF大賞受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)