• 本

愚かな薔薇

出版社名 徳間書店
出版年月 2021年12月
ISBNコード 978-4-19-865347-7
4-19-865347-X
税込価格 2,200円
頁数・縦 584P 20cm

商品内容

要旨

夏が近づく季節、母方の故郷・磐座を訪れた奈智。十四歳になると参加することになる二か月に及ぶ長期キャンプは、「虚ろ舟乗り」の適性を見極めるためのものだった。キャンプの本当の目的とは―。14年の連載を経て紡いだ美しくもおぞましい吸血鬼SF。

出版社・メーカーコメント

帯は商品の一部ではなく「広告扱い」となりますので、帯自体の破損、帯の付いていないことを理由に交換や返品は承れません。 予めご了承ください。◇萩尾望都さん、絶賛!◇これは21世紀の「地球幼年期の終わり」だ。山間の夏祭りの中で少年や少女が変化していく。進化なのか? 人類はどこへ向かうのか? 巡る星々。過去と未来。愛、愛はどこへ行くのか?◇著者より◇吸血鬼ってなんなんだろう、と子供の頃からずっと考えていた。人類の進化の記憶の発露なんじゃないか、とどこかで感じていた。一方で、うんと狭いところでうんと大きい話を書いてみたいと思っていた。昨今言われる「グローカル」というのが念頭にあったのかもしれない。またしても、ものすごく時間が掛かってしまったが、この二つの課題をやり遂げられたのかどうかは、今はまだ自分でもよく分からない。

著者紹介

恩田 陸 (オンダ リク)  
1964年生まれ。92年『六番目の小夜子』でデビュー。『夜のピクニック』で吉川英治文学新人賞と本屋大賞、『ユージニア』で日本推理作家協会賞、『中庭の出来事』で山本周五郎賞、『蜜峰と遠雷』で直木賞と本屋大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)