• 本

吉井勇の旅鞄 昭和初年の歌行脚ノート

出版社名 短歌研究社
出版年月 2021年11月
ISBNコード 978-4-86272-633-9
4-86272-633-X
税込価格 5,940円
頁数・縦 425P 20cm

商品内容

文学賞情報

2022年 第20回 前川佐美雄賞受賞

要旨

「いのち短し、恋せよ、少女」「ゴンドラの唄」の作詞者・吉井勇の知られざる壮年期の激動―。

目次

第1章 相模相聞居時代から渓鬼荘結廬まで(白秋描く「勇像」
猪野々日記 ほか)
第2章 上京と「遍路」創刊(寂しければ
歌の師・鉄幹 ほか)
第3章 歌行脚(白鳥歌はず
杉皮装『わびずみの記』 ほか)
第4章 流離時代の終わり(駿河路の春
富士を仰ぐ ほか)

著者紹介

細川 光洋 (ホソカワ ミツヒロ)  
1967年4月、横浜生まれ。静岡県立大学国際関係学部教授(日本近代文学)。早稲田大学教育学研究科博士課程単位取得退学。立教英国学院、桐蔭学園中等教育学校教諭、高知工業高等専門学校准教授を経て、2015年4月より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)