• 本

急流・富士川殺意の悔恨 長編旅情推理

NON NOVEL 1056 旅行作家・茶屋次郎の事件簿

出版社名 祥伝社
出版年月 2022年1月
ISBNコード 978-4-396-21056-4
4-396-21056-6
税込価格 990円
頁数・縦 209P 18cm

商品内容

要旨

その川は山間を白糸で縫うように南流し、太平洋へとそそぐ。日本三大急流の一つ、富士川である。茶屋次郎は「女性サンデー」の牧村と名川シリーズ取材のため、富士川流域に住む恩人の大工・釜石を訪ねる。すると娘の菜々緒にまつわる凶報を聞く。高校三年生の少女は、恋人がバイクに轢かれ命を落としたのだという。夕刻茶屋が、家を出た菜々緒の後を尾けると、新東名高速に架かる跨道橋上、身を乗り出した少女は橋下へ何かを投じる!直後、高速道から激しい衝突音が響き…。若き乙女が抱えた闇とは?

著者紹介

梓 林太郎 (アズサ リンタロウ)  
長野県下伊那郡上郷村(現飯田市)生まれ。貿易会社、経営コンサルタント会社、調査会社など様々な職業を経て、1980年『九月の渓で』で「小説宝石エンタテインメント小説大賞」を受賞し、デビュー。“旅行作家・茶屋次郎”が各地の明媚な河川を訪ね、難事件を解決する“名川”シリーズは、TVドラマ化もされて人気を博す(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)