• 本

妄想美術館

SB新書 567

出版社名 SBクリエイティブ
出版年月 2022年1月
ISBNコード 978-4-8156-1160-6
4-8156-1160-2
税込価格 990円
頁数・縦 206P 18cm

商品内容

要旨

アートを溺愛する作家と漫画家の2人が創る究極の美術館とは?原体験から現在に至るまでのアートヒストリー、偏愛アーティストたちから受けたインスピレーション、小説や漫画の創作のバックステージをまじえ、名画にまつわる裏話、お気に入りの美術館案内、絵画鑑賞の秘訣、画家たちの知られざるエピソードなどアート談義は永遠に尽きない。泉のように湧き上がる2人のファンタジーが炸裂する壮大なるラビリンスへ!

目次

第1章 美術館は快楽の館
第2章 終わりなきアートの迷宮
第3章 偏愛するアーティストたち
第4章 未完の魅力への憧れ
第5章 マニアックな情熱ゾーン
第6章 心ゆさぶるアート空間

出版社・メーカーコメント

見どころは収蔵作品だけではない、建築や庭園など美術館自体が一つの作品といえるなっている美術館もあり、アート鑑賞以外にも美術館にはもっと幅が広く、奥行きが深い魅力がある。 世界一展覧会好きといわれる日本の美術館ファンに向けて、海外でのアート体験も豊富な専門家、今もっとも旬な作家である原田マハさん、ヤマザキマリさんが伝授する目からウロコの世界美術館散策。、「こんな作品を集めてこんな美術館を創ってみたい!」をテーマに美術館の理想形について縦横無尽に妄想放談。美術館の楽しみ方やアートの見方を思いもよらない角度から教えてくれる。写真も多数収録し、偏愛的世界の美術館案内、思い入れ名画作品解説を網羅。入門者からマニアまで楽しめるアートガイド。

著者紹介

原田 マハ (ハラダ マハ)  
作家。1962年東京生まれ。関西学院大学文学部日本文学科、早稲田大学第二文学部美術史科卒業。伊藤忠商事株式会社、森ビル森美術館設立準備室、ニューヨーク近代美術館勤務を経て、2005年『カフーを待ちわびて』で第1回日本ラブストーリー大賞を受賞し作家デビュー。12年『楽園のカンヴァス』で第25回山本周五郎賞、17年『リーチ先生』で第36回新田次郎文学賞を受賞
ヤマザキ マリ (ヤマザキ マリ)  
漫画家・随筆家。東京造形大学客員教授。1967年東京生まれ。84年にイタリアに渡り、フィレンツェの国立アカデミア美術学院で美術史・油絵を専攻。比較文学研究者のイタリア人との結婚を機にエジプト、シリア、ポルトガル、アメリカなどの国々に暮らす。2010年『テルマエ・ロマエ』で第3回マンガ大賞、第14回手塚治虫文化賞短編賞を受賞。15年度芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。17年イタリア共和国星勲章コメンダトーレ綬章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)