• 本

ハイビスカス・ティーと幽霊屋敷

コージーブックス チ1−17 お茶と探偵 22

出版社名 原書房
出版年月 2022年1月
ISBNコード 978-4-562-06121-1
4-562-06121-9
税込価格 1,188円
頁数・縦 416P 15cm

商品内容

要旨

暗紫色の空のなかに不気味に立つ、廃墟と化した屋敷。主を失って長い年月を経た屋敷は地元の歴史協会に寄贈され、ハロウィンにあわせて「幽霊屋敷」として一般公開されることに。さらに地元の幽霊伝説を描いた人気の女性作家がサイン会を催すとあって初日とは思えないほどの盛況ぶりだ。セオドシアも、怖がるドレイトンを尻目にすっかりイベントを楽しんでいた。ところがそこに、夜の闇を切り裂くような悲鳴が!見ると、屋敷の三階窓から女性作家がロープで吊り下げられている。すでに息はない。演出ではなく本当に殺人事件が起きたのだ。誰がこんなむごいことを?被害者の書いた本が、事件をまるで予言していたかのような内容だったのはただの偶然?それとも…。

出版社・メーカーコメント

廃墟と化した屋敷がハロウィンにあわせて「幽霊屋敷」として一般公開されることに。地元の幽霊伝説を描いた人気作家のサイン会が催されるとあって、イベントは初日から大盛況。ところが作家が帰らぬ人となる事件が起き……?

著者紹介

チャイルズ,ローラ (チャイルズ,ローラ)   Childs,Laura
広告代理店でライター兼プロデューサー、さらに自らが設立したマーケティング会社のCEO兼クリエイティブ・ディレクターを務めたのち、シナリオライターになる。その後ミステリ作家を目指し、2001年に“お茶と探偵”シリーズ1巻『ダージリンは死を招く』でデビューし、人気を博す(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)