• 本

偽神の審判

講談社文庫 あ125−15 警視庁公安分析班

出版社名 講談社
出版年月 2022年1月
ISBNコード 978-4-06-525814-9
4-06-525814-6
税込価格 902円
頁数・縦 427P 15cm

商品内容

要旨

殺人現場に残される心臓と羽根の載った天秤。有力政治家と大学教授が殺害された二つの事件に見え隠れするのは、公安が長年追ってきた殺し屋「鑑定士」の存在だった。殺人を依頼したと思われる組織の情報を得るため、鷹野秀昭は一般人を協力者として潜入させるよう命じられるが―。手に汗握る公安ミステリー!

出版社・メーカーコメント

WOWOWにて連続ドラマ化! 大ヒット「警視庁殺人分析班」シリーズにも登場した、鷹野秀昭を主役に迎えて送る新シリーズ第二弾!

著者紹介

麻見 和史 (アサミ カズシ)  
1965年千葉県生まれ。2006年『ヴェサリウスの柩』で第16回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。「警視庁殺人分析班」シリーズは、映像化され人気を博し、累計70万部を超える大ヒットとなっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)