• 本

曰窓

新装版

双葉文庫 さ−26−49 照れ降れ長屋風聞帖 17

出版社名 双葉社
出版年月 2022年1月
ISBNコード 978-4-575-67091-2
4-575-67091-X
税込価格 715円
頁数・縦 302P 15cm
シリーズ名 曰窓

商品内容

要旨

寒さ和らぐ如月、不忍池のまんなかに侍の屍骸が浮かんでいた。定町廻りの八尾半四郎が身元不明の侍の変死体を検屍するのは、ふた月足らずの間で、すでに三人目である。いずれも遺体の懐中から木彫りの猿と葛の葉が見つかった。半四郎はひとり目の男が殺された湯島切通の岡場所を再び訪ねると、敵娼の女は忽然と姿を消してしまったと聞く。探索を進めると、殺められた侍らはみな同じ藩の火消役だったことがわかり…。下手人が残した暗示と蔭で蔓延る悪をあばくべく、熱き同心魂を胸に半四郎はひた奔る!傑作新装版、第十七弾。

出版社・メーカーコメント

寒さ和らぐ如月、不忍池のまんなかで侍の屍骸が浮かんでいた。定町廻りの八尾半四郎が身元不明の侍の変死体を検屍するのは、ふた月足らずの間で、すでに三人目である。いずれも遺体の懐中から木彫りの猿と葛の葉が見つかった。半四郎はひとり目の男が殺された岡場所を訪ねると、相手をしていた女郎おくずは忽と姿を消してしまったと聞く。さらに探索を進めると、侍らはみな同じ藩の火消役だったことがわかり……。下手人が残した暗示と蔓延る悪をあばくべく、熱き半四郎はひた奔る! 傑作新装版、第十七弾。

著者紹介

坂岡 真 (サカオカ シン)  
1961年新潟県生まれ。早稲田大学卒業後、11年の会社勤めを経て文筆の世界へ。四季折々の江戸の情緒と人情の機微を、繊細な筆致で綴る時代小説には定評がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)