• 本

いのちの車窓から

角川文庫 ほ28−1

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2022年1月
ISBNコード 978-4-04-102649-6
4-04-102649-0
税込価格 660円
頁数・縦 205P 15cm

商品内容

要旨

ドラマ「逃げ恥」「真田丸」、大ヒット曲「恋」に「紅白」出場と、怒涛の日々を送った約2年間。大注目を浴びるなかで、紡いできたのはある日の風景、周囲の人々、心の機微―。星野源が2017年まで雑誌で毎月執筆してきた大人気エッセイを収録。文庫版では10ページにわたる「文庫版あとがき」を書き下ろし。

目次

いのちの車窓から
多摩川サンセット
怒り
電波とクリスマス
友人
作曲をする日々
一期一会
人間
SUN
ある日
文章
HOTEL
ROOM
武道館とおじさん
人見知り
YELLOW DANCER
「おめでとうございます」
寺坂直毅
柴犬
メタルギアの夜
YELLOW VOYAGE
コサキンと深夜ラジオ
細野晴臣
ある夜の作曲
大泉 洋
ゲームで

新垣結衣という人
夜明け
ひとりではないということ

出版社・メーカーコメント

星野源が、雑誌『ダ・ヴィンチ』で2014年12月号より連載スタートした、エッセイ「いのちの車窓から」。 第1巻となる単行本は2017年に刊行し、ベストセラーに。 【累計40万部突破】となる大人気エッセイ集、待望の文庫化! ドラマ「逃げ恥」、「真田丸」、大ヒット曲「恋」に「紅白」出演と、 2014年以降、怒涛の日々を送った2年間。 瞬く間に注目を浴びるなかで、描写してきたのは、 周囲の人々、日常の景色、ある日のできごと、心の機微……。 その一篇一篇に写し出されるのは、星野源の哲学、そして真意。 文庫版では、カバーを新装&10ページ(エッセイ約2本分半に相当)にわたる、長い「文庫版あとがき」を新たに収録!

著者紹介

星野 源 (ホシノ ゲン)  
1981年、埼玉県生まれ。俳優・音楽家・文筆家。俳優として、映画『罪の声』で第44回日本アカデミー賞優秀助演男優賞受賞。音楽、エッセイ、演技のジャンルを横断した活動が評価され、2017年に第9回伊丹十三賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)