• 本

万華鏡

角川ソフィア文庫 L117−7

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2022年1月
ISBNコード 978-4-04-400687-7
4-04-400687-3
税込価格 880円
頁数・縦 220P 15cm

商品内容

要旨

「空いた電車に乗るために採るべき方法はきわめて平凡で簡単である。それは空いた電車の来るまで、気永く待つという方法である」(「電車の混雑について」)。科学に興味をもつ一般読者向けに編まれた、『柿の種』と双璧をなす代表作。人間が発明し、創作した物のなかで「化物」は最も優れた傑作とする「化物の進化」をはじめ、「物理学と感覚」「科学上の骨董趣味と温故知新」「怪異考」ほか全13篇を収録。

目次

自序
自然現象の予報
科学者と芸術家
方則について
時の観念とエントロピーならびにプロバビリティ
物理学と感覚
物理学実験の教授について
科学上の骨董趣味と温故知新
言語と道具
相対性原理側面観
電車の混雑について
怪異考
化物の進化
比較言語学における統計的研究法の可能性について

出版社・メーカーコメント

「電車の混雑に就て」「怪異考」「化物の進化」、自選の科学随筆集。「電車の混雑に就て」「怪異考」「化物の進化」、自選の科学随筆集。13作品を収録。『柿の種』とならぶ寺田の代表作。

著者紹介

寺田 寅彦 (テラダ トラヒコ)  
1878〜1935年。東京生まれ、高知県で育つ。東京帝国大学物理学科卒業。理学博士。東京帝国大学教授、帝国学士院会員などを歴任。東京帝国大学地震研究所、理化学研究所の研究員としても活躍。物理学者、随筆家、俳人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)