• 本

宇治茶師・上林一族の軌跡

出版社名 三省堂書店/創英社
出版年月 2022年1月
ISBNコード 978-4-87923-136-9
4-87923-136-3
税込価格 1,980円
頁数・縦 109P 26cm

商品内容

要旨

秀吉も愛した上林家(宇治御茶師唯一の末裔)400年余の歴史を辿る。日本人の心がここにある。

目次

第1章 上林家(上林一族の出自
室町時代の上林家
安土・桃山時代の上林家
江戸時代の上林家
明治維新の上林家
上林春松家のこと)
第2章 宇治茶(宇治茶の発祥と変遷
主な日本茶の産地と「宇治七名園」「宇治七名水」
宇治茶の覆下栽培と手もみ製法
茶にまつわる歌―『ずいずいずっころばし』と『茶摘み』
茶室「康風庵」「茶歌舞伎」と「茶審査技術競技会」について
特別寄稿 宇治茶の征野考)
第3章 宇治茶を育んだ自然・風土・文化(宇治茶を育んだ自然・風土・文化
宇治市の文化的景観)
第4章 茶器(特別寄稿 上林家と朝日焼)

著者紹介

上林 康二 (カンバヤシ コウジ)  
上林春松家十三代次男。康風庵主/お茶のかんばやし創業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)