• 本

デューイと「生活としての芸術」 戦間期アメリカの教育哲学と実践

プリミエ・コレクション 119

出版社名 京都大学学術出版会
出版年月 2022年1月
ISBNコード 978-4-8140-0390-7
4-8140-0390-0
税込価格 3,960円
頁数・縦 15,249P 22cm

商品内容

要旨

1920年代から30年代、教育・哲学・芸術の専門家たちが連携し合う稀有な時代、世界を襲う大恐慌に生活物資が切り詰められるなか、教育哲学者デューイは、心を豊かにする芸術の必要を説く。

目次

ジョン・デューイがいた時代
第1部 デューイの教育哲学における生活と芸術(デューイにとっての生命・教育・コミュニケーション
民主主義が「生き方」であるということ
バーンズ財団における多文化のハーモニー
進歩主義教育における芸術の位置づけ)
第2部 「芸術の民主化」と「芸術による民主化」(生活を描くリアリズムの教育哲学的意義
デューイたちのメキシコ美術教育へのまなざし
世界大恐慌と連邦美術計画―芸術を通じたコミュニティの再創造)
わたしたちにとっての「生活としての芸術」

著者紹介

西郷 南海子 (サイゴウ ミナコ)  
1987年生まれ。京都大学大学院教育学研究科博士後期課程修了。博士(教育学)。日本学術振興会特別研究員(DC1)を経て、2019年より大阪国際大学短期大学部非常勤講師。専門分野は教育哲学、美術教育(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)