• 本

複雑化の教育論

越境する教育

出版社名 東洋館出版社
出版年月 2022年1月
ISBNコード 978-4-491-04716-4
4-491-04716-2
税込価格 1,870円
頁数・縦 252P 19cm

商品内容

要旨

教育とは何か?成熟とはどのような過程なのか?子どもたちに何を手渡すのか?教育を支えるすべての人に贈る希望の書。

目次

第1講 複雑化の教育(「学びの場」の第一条件
キャンパスに必要なのは「ミステリアスさ」
校舎が人を作る ほか)
第2講 単純化する社会(教師の「ブルシット・ジョブ」
組織マネジメント原理主義
授業満足度と相関のないシラバス ほか)
第3講 教師の身体(オンライン授業ではできないこと
「思いがけなくうまくいった」オンライン授業
「バイ・アクシデント」の豊かさ ほか)

著者紹介

内田 樹 (ウチダ タツル)  
1950年東京生まれ。思想家、武道家、神戸女学院大学名誉教授、凱風館館長。専門はフランス現代思想、教育論、武道論、映画論など。東京大学文学部仏文科卒業。東京都立大学院人文科学研究科博士課程中退。主な受賞歴として、『私家版・ユダヤ文化論』(文春新書)で第6回小林秀雄賞、『日本辺境論』(新潮新書)で2010年新書大賞、第3回伊丹十三賞などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)