• 本

最後の晩ごはん 〔17〕

後悔とマカロニグラタン

角川文庫 ふ30−17

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2022年2月
ISBNコード 978-4-04-111972-3
4-04-111972-3
税込価格 682円
頁数・縦 234P 15cm
シリーズ名 最後の晩ごはん

商品内容

要旨

芦屋の定食屋「ばんめし屋」に節分の時期が。巻き寿司の提供で盛り上がる中、海里の後輩・李英が店を訪れる。体を壊し役者を休業中の彼は、海里が通う朗読のレッスンに参加したいと言う。海里は快諾するが、師匠で女優の悠子と李英のやりとりを聞いて、李英のほうが才能があるのではと愕然とする。それを機に仲違いしてしまうが、店長の夏神のはからいで、有馬温泉に2人きりで旅行することに…。友情と親子愛に涙溢れる第17弾!

出版社・メーカーコメント

海里と李英が仲違い? 有馬温泉で仲直りをすることにするけれど……。「ばんめし屋」の節分。店には病み上がりの李英もやってきて恵方巻を食べるが、李英に頼まれた海里が、彼を伴い朗読の稽古に行ったことから仲違いしてしまう。仲直りのため二人で有馬温泉に行くことになり…

著者紹介

椹野 道流 (フシノ ミチル)  
兵庫県出身。1996年「人買奇談」で講談社の第3回ホワイトハート大賞エンタテインメント小説部門の佳作を受賞しデビュー。法医学教室の監察医としての経験も生かし、「鬼籍通覧」シリーズ(講談社文庫)など監察医もののミステリも発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)