• 本

小町谷照彦セレクション 1

古今和歌集の論

出版社名 花鳥社
出版年月 2022年1月
ISBNコード 978-4-909832-39-9
4-909832-39-4
税込価格 17,600円
頁数・縦 606P 22cm
シリーズ名 小町谷照彦セレクション

商品内容

要旨

あらゆる切り口で「和歌史」「歌ことば」に迫る。単行本未収録論集。

目次

1 古今和歌集成立の論(王朝和歌の成立
古今和歌集の成立 ほか)
2 歌ことばの論(『古今集』的表現の特質とその展開
歌ことばをめぐって―「蓬が杣」考 ほか)
3 歌枕の論(古今集の歌枕―和歌表現論序説
三代集の名所歌枕―古今的美学の一考察 ほか)
4 古今集歌人の論(古今集の歌風と展開
在原業平―旅の思想 ほか)
5 歌語辞典(秋(あき)
朝顔(あさがほ) ほか)

著者紹介

小町谷 照彦 (コマチヤ テルヒコ)  
1936年6月22日、長野県駒ヶ根市に生まれる。2014年10月31日、死去。1960年3月、東京大学文学部国文学科卒業、1966年3月、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。1966年4月、常葉女子短期大学講師、1969年4月、成城大学短期大学部講師、1970年4月、同助教授、1971年4月、東京学芸大学講師、1972年3月、同助教授、1984年4月、同教授、2000年3月、同退職、2000年4月、東京経済大学経済学部教授、2000年5月、東京学芸大学名誉教授、2006年3月、東京経済大学退職
倉田 実 (クラタ ミノル)  
1950年生。1973年3月、東京学芸大学卒業、1984年3月、明治大学大学院退学。博士(文学・大阪大学)。大妻女子大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)