• 本

致死量の友だち

出版社名 二見書房
出版年月 2022年3月
ISBNコード 978-4-576-22034-5
4-576-22034-9
税込価格 1,980円
頁数・縦 316P 20cm

商品内容

要旨

学校で苛烈な虐めをうける宇打ひじり。死をも考え始めてしまうような状態の中、美しいクラスメイトの夕美から一緒に復讐しようと誘われる。夕実も校内で悍ましい仕打ちをうけていたのだ。夕実に誘われるまま、毒を使って仕返しを考えるようになったひじりは、彼女から毒の知識を得ていくが、美しい彼女へ憧れや恋に似た依存を強めていく。そんな中、ひじりが絶望に打ちひしがれる事態が起こり、思わぬ事件に発展してしまう。その悲劇の裏にひそむ悪意にひじりは動揺しながらも、クラスメイトとともに事件を探るようになるが、ついには学園中を巻き込んだ大きな惨劇が発生してしまう。―その裏には驚きの事実が待ち受けていた。

出版社・メーカーコメント

学校で苛烈な虐めをうける宇打ひじり。クラスでは言葉によるものだけではなく、暴力もうけており、死をも考え始める。そんな状態の中、美しいクラスメイトの夕実から毒を使って一緒に仕返しをしようと誘われる。夕実も校内で悍ましい仕打ちをうけていた。彼女に誘われるまま、仕返しを考えるようになったひじりは、夕実から毒の知識を得るとともに、彼女からの指示によって毒物を集めて報告するなど、憧れや恋に似た依存を強めていく。そんな中、夕実が……。

著者紹介

田辺 〓蛙 (タナベ セイア)  
大阪生まれ。2006年、第4回ビーケーワン怪談大賞で「薫糖」が佳作となり『てのひら怪談』に受賞作を含む5作品が掲載される。2008年、第15回日本ホラー小説大賞短編賞を「生き屏風」で受賞。同作で角川ホラー文庫からデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)