• 本

川端康成 生涯と文学の軌跡

出版社名 鼎書房
出版年月 2022年1月
ISBNコード 978-4-907282-76-9
4-907282-76-1
税込価格 2,420円
頁数・縦 215P 21cm

商品内容

目次

第1部 川端康成―その生涯と文学の特徴(川端康成の生涯をめぐって
川端文学の構造―時空間の分析を中心に
川端康成と古典文学―敗戦と「源氏物語」
川端康成の言語観―言語の到達(表現)不可能性)
第2部 川端康成作品の分析(「伊豆の踊子」における“時間”と“語り”
「反橋」連作における“冒〓”と“憧憬”
「千羽鶴」における“美”と“醜”との相克
「みづうみ」における“時間”と“空間”
「眠れる美女」における“密室”の機能
「片腕」における「“自己”拒絶の物語」)

著者紹介

山中 正樹 (ヤマナカ マサキ)  
創価大学文学部教授・博士(文学)。専攻は、近代日本文学・国語教育学・文学理論・認識論。南山大学文学部哲学科・名古屋大学大学院文学研究科国文学専攻。愛知県立高校国語科教員の後、豊田短期大学日本文化学科講師・桜花学園大学人文学部准教授、創価大学文学部准教授を経て、2012年4月より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)