• 本

カウンセリングの理論 下

力動論・認知行動論・システム論

出版社名 誠信書房
出版年月 2022年3月
ISBNコード 978-4-414-40379-4
4-414-40379-0
税込価格 2,420円
頁数・縦 285P 20cm
シリーズ名 カウンセリングの理論

商品内容

要旨

プロカウンセラーがズバッと説く「使える!カウンセリング理論」。これさえあれば、ぜんぶわかる!膨大なカウンセリング理論のなかから実践に役立つ33の理論を厳選し、その実践上のエッセンスをコンパクトに、わかりやすく解説。各理論の位置関係や実践上の違いが一目でわかる全体見取り図、主要理論比較表付き!!どう使い分け、どのように統合して実践するかも示す!下巻は、最新のアプローチを含め、精神力動論、認知行動論、システム論、各理論をどう統合して使うかを解説。

目次

第4章 精神力動論の立場
第5章 ユング心理学とアドラー心理学―精神力動論と自己成長論の間
第6章 認知行動論の立場
第7章 システム論の立場―家族療法、ブリーフセラピィ、ナラティブ、オープンダイアローグ
第8章 その他のアプローチ
第9章 カウンセリングにおける「開かれた統合的アプローチ」

著者紹介

諸富 祥彦 (モロトミ ヨシヒコ)  
1963年福岡に生まれる。1992年筑波大学大学院博士課程修了。1993年千葉大学教育学部専任講師、1995年同助教授。現在、明治大学文学部教授(教育学博士)、臨床心理士、公認心理師、日本カウンセリング学会認定スーパーヴァイザー。日本トランスパーソナル学会会長。日本カウンセリング学会認定カウンセリング心理士会理事。日本教育カウンセラー協会理事。日本生徒指導学会理事。気づきと学びの心理学研究会アウェアネス代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)