• 本

永遠の昨日

角川文庫 え9−29

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2022年3月
ISBNコード 978-4-04-111967-9
4-04-111967-7
税込価格 704円
頁数・縦 268P 15cm

商品内容

要旨

17歳、同級生の満と浩一。ふたりは正反対の性格ゆえに、強く惹かれあっている。しかしある冬の朝、浩一はトラックにはねられてしまった。頭を強く打ったはずなのに、何食わぬ顔で立ち上がる浩一。脈も鼓動もないけれど、いつものように笑う浩一は確かに「生きて」いて、その矛盾を受け入れる満。けれどクラスメイトたちは、次第に浩一の存在を忘れ始め…。生と死、性と青春が入り交じる、泣けて仕方がない思春期BL決定版。

出版社・メーカーコメント

榎田尤利の名作BL、大改稿の上待望の文庫化!ピュアで切ない、白の恋物語友達以上恋人未満の男子高校生、浩一と満。けれど浩一は通学途中にトラックにはねられ死んでしまった……はずだった。なのに浩一は平然と起き上がり、満と一緒に高校へ通い始め……。二人の恋の行方は……

著者紹介

榎田 尤利 (エダ ユウリ)  
2000年『夏の塩』でデビュー。『交渉人は黙らない』から始まる“交渉人”シリーズ(大洋図書)、『きみがいなけりゃ息もできない』などの“マンガ家”シリーズ(リブレ)、そのほか100作に近いBL著作を持つ。榎田ユウリ名義での著書も多い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)