• 本

維摩経・勝鬘経 全文現代語訳

角川ソフィア文庫 H116−5

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2022年3月
ISBNコード 978-4-04-400699-0
4-04-400699-7
税込価格 1,276円
頁数・縦 414P 15cm

商品内容

要旨

聖徳太子による日本最初の経典注釈書「三経義疏」で知られる維摩経と勝鬘経。出家修行者に対する在家信徒の優位が徹底して説かれ、日本の仏教の出発点となった。まさにここから仏の教えは日々の暮らしに浸透し、日本は世界で唯一といえる在家仏教の国となったのである―。二経典の全文および「三経義疏」の抜粋を読み下し文とわかりやすい口語訳で収録。また経典が与えた影響を多彩なコラムで紹介。文庫オリジナルの本格入門!

目次

第1部 維摩経―維摩詰所説経(釈迦如来の国のこと―仏国品第一
人々をさとりに近づけるために―方便品第二
弟子と菩薩らの慚愧1―弟子品第三
弟子と菩薩らの慚愧2―菩薩品第四 ほか)
第2部 勝鬘経―勝鬘師子吼一乗大方便方広経(ある王妃のこと―如来真実義功徳章第一
王妃の十項目の誓い―十受章第二
三つの誓願―三大願章第三
大乗の菩薩道―摂受正法章第四 ほか)

出版社・メーカーコメント

全文がすらすら読める。文庫オリジナルの必携読本!聖徳太子が著した三経義流である「維摩経」「勝鬘経」を親しみやすい形で一般向けに全品現代語訳。豊富なコラムや図版、小事典も充実した文庫オリジナルの画期的な入門書。

著者紹介

大角 修 (オオカド オサム)  
1949年、兵庫県生まれ。東北大学文学部宗教学科卒業。宗教研究家、有限会社「地人館」代表。仏教書を中心に幅広く編集・執筆活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)