• 本

鉄の楽園

新潮文庫 に−20−8

出版社名 新潮社
出版年月 2022年4月
ISBNコード 978-4-10-133578-0
4-10-133578-8
税込価格 935円
頁数・縦 561P 16cm

商品内容

要旨

東南アジアの新興国・R国に、日本が世界に誇る鉄道インフラを売り込め!四葉商事の相川翔平は、受注競争で中国に負け続きの現状を打破すべく、秘策を練っていた。同じ目標を持つ経産省の官僚、竹内美絵子は、日本の人材レベルの高さに目をつけ、斬新なアイデアを打ち出す。中国に勝つための鍵は、R国の次期首相に立候補したキャサリンだった―。日本再生を予見する、希望溢れる企業小説。

出版社・メーカーコメント

東南アジアの新興国・R国に、日本が世界に誇る鉄道インフラを売り込め! 四葉商事の相川翔平は、受注競争で中国に負け続きの現状を打破すべく、秘策を練っていた。同じ目標を持つ経産省の官僚、竹内美絵子は、日本の人材レベルの高さに目をつけ、斬新なアイデアを打ち出す。中国に勝つための鍵は、R国の次期首相に立候補したキャサリンだったーー。日本再生を予見する、希望溢れる企業小説。

著者紹介

楡 周平 (ニレ シュウヘイ)  
1957(昭和32)年生れ。慶應義塾大学大学院修了。’96(平成8)年、米国企業在職中に執筆した『Cの福音』が、いきなりベストセラーとなり、衝撃のデビューを飾る。翌年より執筆に専念し、以後、『Cの福音』を始めとする朝倉恭介シリーズなど、時代を先取りしたテーマと幅広い作風で、つねに話題作を発表し続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)