• 本

流離 長編時代小説 吉原裏同心 1

決定版

光文社文庫 さ18−77 光文社時代小説文庫

出版社名 光文社
出版年月 2022年4月
ISBNコード 978-4-334-79330-2
4-334-79330-4
税込価格 792円
頁数・縦 322P 16cm
シリーズ名 流離

商品内容

要旨

安永五年、豊後岡藩の馬廻り役・神守幹次郎は、意に沿わぬ婚姻に苦しむ納戸頭の妻・汀女と出奔した。幼馴染のふたりは妻仇討の追っ手を逃れ、当てのない流浪の旅に出る。やがて江戸に出た幹次郎たちは、幕府が唯一許しを与えた遊廓、吉原にて、ふたりの追っ手に加わっていた汀女の弟・信一郎の危難に出くわすのだが―。幹次郎と汀女、ふたりの伝説がここに始まる。

出版社・メーカーコメント

安永五年、豊後岡藩の馬廻り役・神守幹次郎は、意に沿わぬ婚姻に苦しむ納戸頭の妻・汀女と出奔した。幼馴染のふたりは妻仇討の追っ手を逃れ、当てのない流浪の旅に出る。やがて江戸に出た幹次郎たちは、幕府が唯一許しを与えた遊廓・吉原にて、ふたりの追っ手に加わっていた汀女の弟・信一郎の危難に出くわすのだが――。幹次郎と汀女、二人の伝説がここに始まる。

著者紹介

佐伯 泰英 (サエキ ヤスヒデ)  
1942年北九州市生まれ。闘牛カメラマンとして海外で活躍後、主にノンフィクション作品を発表する。’99年初の時代小説「密命」シリーズを手始めに、次々と時代小説を発表。文庫書下ろし作品のみで累計6500万部突破の快挙を成し遂げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)