• 本

ふつつかな悪女ではございますが 雛宮蝶鼠とりかえ伝 4

一迅社ノベルス

出版社名 一迅社
出版年月 2022年4月
ISBNコード 978-4-7580-9453-5
4-7580-9453-5
税込価格 1,320円
頁数・縦 319P 19cm
シリーズ名 ふつつかな悪女ではございますが

商品内容

要旨

大逆転後宮とりかえ伝、第二幕「はじめての外遊編」後編!「なぜ…わたくしは止められなかったのか…」嫌われ者の雛女、慧月と入れ替わったまま邑の民に攫われた玲琳。邑を襲った疫病が一段落した頃、頭領の雲嵐が凶刃に倒れた。死の淵をさまよう彼の姿を見て、玲琳は激しく動揺し、消沈する。その様子は辰宇や景行から見ても危ういものだった。一方、慧月は闘志を燃やしていた。堯明や景影らの心配をよそに、雛女たちが集まる『茶会』を決行!女同士の腹の探り合いの中、慧月を貶めようとする藍芳春の毒牙をくぐり抜け、反撃に出るが…!?外遊先で起こった、慧月への執拗な嫌がらせ、祭りの妨害に伝染病。その大きな悪意は否応なしに玲琳と慧月の心に、変化をもたらしていく―。大好評シリーズ第二幕、終結!涙と決意の第4巻。

出版社・メーカーコメント

死の淵をさまよう雲嵐を見て、激しく動揺し、消沈する玲琳。一方、慧月は雛女たちが集まる『茶会』を決行し……!?外遊先で起こった、慧月への執拗な嫌がらせ、祭りの妨害に伝染病。その大きな悪意は玲琳と慧月の心に、大きな変化をもたらしていく!