• 本

言葉の周圏分布考

インターナショナル新書 099

出版社名 集英社インターナショナル
出版年月 2022年4月
ISBNコード 978-4-7976-8099-7
4-7976-8099-7
税込価格 1,430円
頁数・縦 301P 18cm

商品内容

要旨

テレビ番組『探偵!ナイトスクープ』で「全国アホ・バカ分布図」を完成させた著者が敢行した、方言の全国市町村アンケート。膨大な回答を基に作成した圧巻の五十数枚のカラー方言分布図で、懐かしい言葉に楽しく再会!分布図は文献にない言葉の歴史解明にも力を発揮。『源氏物語』に登場する「戻る」の謎を解く壮大な知の旅に誘います。また分布図には、京都を中心に見事な多重の円が現れました。日本語の「周圏分布」についても、深く論じます。

目次

序章 「好き」を表す日本語は「好き」だけか?
第1章 御所から広まる高貴なことば
第2章 紫式部さん、あなたは『源氏物語』の中で、「戻る」を使いましたか?
第3章 琉球のことばが浮かび上がらせる日本語の原像
第4章 豊かな方言の時代を生きてきた
第5章 『蝸牛考』の原点へ
結びの章 時空を超えて

出版社・メーカーコメント

「全国アホ・バカ分布図」の完成から30年!圧巻の50枚以上のカラー分布図で日本語変遷二千年の謎を解き、方言の豊かさを描き出す。知的興奮とともに、ふるさとの言葉の懐かしさを味わえる1冊。テレビ番組『探偵! ナイトスクープ』の全国アホ・バカ調査で示した分布図で、方言が京都を中心に何重もの円を描いていることを見せ、言語学会を驚かせた著者。その後1991年に全国3000超の市町村へ行った方言アンケートの回答を、膨大な私費を投じて集計、数多くの言葉の分布図を作成した。本書では50数枚の方言分布図を丹念に読み解き、日本語の伝播の経緯と背景にあるストーリーを面白く興味深く描き出す。身近な「どっさり」や「醤油」などの分布図を、方言にまつわるエピソードとともに解説。なかでも源氏物語での「戻る」に注目し、その変遷を史料を駆使してどこまでも深掘りし、波照間島まで旅する論考は圧巻。また、周圏分布の原点に立ち返り、柳田國男が『蝸牛考』でとなえた方言周圏論について検証する。謎解きの強烈な助っ人、「小竹探偵」とのやりとりも楽しい。『全国アホ・バカ分布考』(新潮文庫)、『全国マン・チン分布考』(インターナショナル新書)につづく第3弾!【目次より抜粋】はじめに 言葉は旅する◆序章 「好き」を表す日本語は「好き」だけか? 古語は辺境に残る/方言周圏論の登場◆第一章 御所から広まる高貴なことば 菜切り包丁を「ナガタン」/江戸はどのように「言語島」であったか◆第二章 紫式部さん、あなたは『源氏物語』の中で、「戻る」を使いましたか? 『源氏物語』の「戻る」の謎/「「帰る」「戻る」の超千年史◆第三章 琉球のことばが照らし出す日本語の原像琉球は本土の言葉を勝手に濁らせない/『日本霊異記』の「毛止利天」とは何か?◆第四章 豊かな方言の時代を生きてきた訪問者の出で発ちごとねぎらう「お出でやす」/「ゆで卵」の分布図◆第五章 『蝸牛考』の原点へ 「めちゃ」が日本を制覇していった日々/柳田の五重の同心円の向こうにあるもの結びの章 時空を超えて『探偵!ナイトスクープ』チーフ構成作家・百田尚樹氏大絶賛!

著者紹介

松本 修 (マツモト オサム)  
TVプロデューサー。1949年、滋賀県生まれ。京都大学法学部卒業。在学時、律令などを読む日本法制史と、法哲学を学ぶ。1972年、朝日放送入社。『ラブアタック!』など数々のヒット番組を企画・演出・制作。『探偵!ナイトスクープ』を発案、立ち上げ、現在も「企画」として携わっている。大阪芸術大学教授、甲南・関西・京都精華大学講師を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)