• 本

一軍監督の仕事 育った彼らを勝たせたい

光文社新書 1196

出版社名 光文社
出版年月 2022年4月
ISBNコード 978-4-334-04604-0
4-334-04604-5
税込価格 968円
頁数・縦 269P 18cm

商品内容

要旨

常勝チームになるための「スワローズ・ウェイ」とは何か?「育てながら勝つ」チームマネジメント、「絶対大丈夫」に代表される言葉力―2年連続最下位からのペナント制覇と日本一達成の裏側を克明に記す。

目次

第1章 2021年かく戦えり
第2章 日本シリーズかく戦えり
第3章 運命の第6戦、涙の日本一へ
第4章 2021年を戦い終えて
第5章 スワローズのV戦士たち
第6章 育てながら勝とうじゃないか
第7章 スワローズ・ウェイと、野村監督の遺伝子
第8章 スワローズ・ウェイの完成に向けて

著者紹介

〓津 臣吾 (タカツ シンゴ)  
1968年広島県生まれ。東京ヤクルトスワローズ一軍監督。広島工業高校卒業後、亜細亜大学に進学。’90年ドラフト3位でスワローズに入団。’93年ストッパーに転向し、チームの日本一に貢献。その後、4度の最優秀救援投手に輝く。2004年シカゴ・ホワイトソックスへ移籍、クローザーを務める。日本プロ野球(NPB)、メジャーリーグ(MLB)、韓国プロ野球、台湾プロ野球を経験した初の日本人選手。独立リーグ・新潟アルビレックスBCでは選手兼任監督としてチームを日本一に導く。’14年スワローズ一軍投手コーチに就任。’15年セ・リーグ優勝。’17年より二軍監督、’20年より一軍監督。’21年セ・リーグ優勝、20年ぶりの日本一に。正力松太郎賞受賞。’22年野球殿堂入り。NPB歴代2位の通算286セーブ、史上2人目となるNPB/MLB通算300セーブを記録している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)