• 本

6匹の猫と住職 あるがままに暮らす那須の長楽寺

出版社名 主婦の友社
出版年月 2022年5月
ISBNコード 978-4-07-450884-6
4-07-450884-2
税込価格 1,320円
頁数・縦 127P 21cm

商品内容

要旨

創建400年の那須高原の古寺、長楽寺で暮らす住職、おかみさん、おねえちゃん、ミー子、ひーちゃん、まー君、シロ君、こーちゃん、たーくんの、にぎやかで平和な日々から珠玉の言葉をお届けします。

目次

1章 家族とのいつもの暮らし(猫も家族。だから食事も一緒
寺は昔から猫と縁があるもの ほか)
2章 あるがままに生きる(SNSには出てるけど、私は普通に暮らしているだけ
坊さんは仏と人の間にいてつなぐ存在 ほか)
3章 寺に生まれて寺に生きる(坊さんになる気はなかったのに、二十歳で寺を継ぐ
般若心経は解説するものではありません ほか)
4章 寺を訪れてくださる皆さまと(寺は開かれた場所です
おかみ編 寺にいらしていただき、ありがとうございます ほか)
5章 生きていくのに意味を探さなくても(生きていくのに意味は意外にいらないもの
猫をかぶってもいい ほか)

出版社・メーカーコメント

Twitterフォロワー数約25万人(2022年2月現在)、住職が6匹の猫たちに囲まれてとる「朝ごはん猫ぜんぶ盛り」画像で有名な#てらねこ、那須の長楽寺の日常を綴った本。住職とおかみと、猫のミー子、ひーちゃん、まーくん、ひーちゃん、シロ君、こーちゃん、たーくんの詳しいプロフィールや長楽寺との縁など、SNSには載っていないエピソードや画像が満載です。SNSに登場しない「おねえちゃん」コラムも。なぜ那須にある建立400年を越す古寺で「あるがままに暮らしているだけ」の猫と住職の姿が、多くの人を惹きつけ癒やされるのか、その理由が本書を読めばわかります。「生きていくための意味なんて私は考えない」「なりゆきまかせでいい」「ちゃんと暮らさなくてもいいんじゃい」という住職の飄々と訥々とした語りは、読む人の心に染み入ることでしょう。切って使える「住職の朝ごはん」クラフトも掲載。