• 本

日本語名言紀行

出版社名 青土社
出版年月 2022年4月
ISBNコード 978-4-7917-7463-0
4-7917-7463-9
税込価格 2,420円
頁数・縦 304P 20cm

商品内容

要旨

清少納言、藤原定家から、夏目漱石、井伏鱒二、太宰治、村上春樹、小川洋子まで―。カーンと冴えわたる比喩、はっと驚くオノマトペを発見し、締め付けられるような悲哀やほのぼのとおかしいユーモアに心を掴まれる。日本語学の第一人者とともに、日本語の名所を訪ね歩く。明日から真似したい表現の歴史遺産。

目次

天象―秋の夕陽の中で静かに熟れてゆこう
気象―晴れた空から忘れられた夢のように白い雪片が
時間―季節は街に、和菓子屋の店先から
大地―この道より吾を生かす道なし、この道を行く
生涯―風は清し月はさやけしいざ共に踊り明かさん老の名残に
人間―あんな所へ誰が行くもんかと意地になる
立場―学者はわからぬものをありがたがる
顔面―下顎が出っぱっているとせりふに凄みがつかない
人体―一寸肱を曲げて、此縁側に一眠り眠る積である
思考―少女の恋は詩、年増の恋は哲学
感情―鏡の余白は憎いほど秋の水色に澄んでいる
感覚―お燗ぎすぎすして、突っ張らかって
学芸―秘すれば花なり
秘すれば花なり、秘すれば花なるべからず
動物―じいという煙のような声が立ち浸みている
植物―鋭く天を指しながら地の雪に立った
住居―西洋の風呂は事務的、日本の風呂は享楽的
生活―通夜で飲む酒が一番うまい
運命―文章推敲のシンボル漱石の鼻毛が焼失

著者紹介

中村 明 (ナカムラ アキラ)  
1935年9月9日、山形県鶴岡市の生れ。国際基督教大学助手、国立国語研究所室長、成蹊大学教授を経て、母校の早稲田大学教授となり、現在は名誉教授。『角川新国語辞典』『集英社国語辞典』編集委員。『日本語 文章・文体・表現事典』(朝倉書店)編集主幹。日本文体論学会代表理事(現在は顧問)、高校国語教科書(明治書院)統括委員などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)