• 本

来たれ、新たな社会主義 世界を読む2016−2021

出版社名 みすず書房
出版年月 2022年4月
ISBNコード 978-4-622-09073-1
4-622-09073-2
税込価格 3,520円
頁数・縦 226,9P 20cm

商品内容

要旨

英国のEU離脱(ブレグジット)、トランプの勝利と敗北、マクロンの諸改革、プーチンの泥棒政治、新型コロナ、気候危機…激動する世界のただ中で、格差と闘うエコノミストは何を訴えたのか?ピケティが構想する「新たな社会主義」とは?2016年から21年初頭にかけて『ルモンド』紙に寄稿した時評から44本を精選し、新たに「序文」を付す。『21世紀の資本』から進化を続ける思考と格闘の軌跡。

目次

来たれ!社会主義 2020年9月
第1部 グローバル化の方向性を転換するために 2016‐2017(ヒラリー、アップル、そして私たち 2016年9月13日
IMF、格差、そして経済研究 2016年9月20日
男女間の賃金格差―19パーセントか、64パーセントか? 2016年11月7日 ほか)
第2部 フランスのためにはどんな改革をすべきか? 2017‐2018(フランスの格差 2017年4月18日
フランスのためにはどんな改革をすべきか? 2017年5月16日
トランプはレーガンのパワーアップ版だ 2017年6月13日 ほか)
第3部 欧州を愛することは欧州を変えること 2018‐2021(欧州の民主化のためのマニフェスト 2018年12月10日
「黄色いベスト運動」と税の公正 2018年12月11日
フランス革命前夜を彷彿させる債務危機 2019年1月15日 ほか)

著者紹介

ピケティ,トマ (ピケティ,トマ)   Piketty,Thomas
1971年、クリシー(フランス)生まれ。パリ経済学校経済学教授。社会科学高等研究院(EHESS)経済学教授。EHESSおよびロンドン経済学校(LSE)で博士号を取得後、マサチューセッツ工科大学(MIT)で教鞭を執る。2000年からEHESS教授、2007年からパリ経済学校教授。多数の論文を発表。経済発展と所得分配の相互作用について、主要な歴史的、理論的研究を成し遂げる。世界不平等研究所および世界不平等データベースの共同ディレクター、「欧州の民主化のためのマニフェスト」の発起人も務める
山本 知子 (ヤマモト トモコ)  
フランス語翻訳家。早稲田大学政治経済学部卒業。東京大学新聞研究所研究課程修了
佐藤 明子 (サトウ アキコ)  
翻訳家。東京大学理学部生物化学科卒業。理化学研究所勤務を経て、英語・フランス語翻訳に携わる。メディカル関係の実務翻訳をはじめ、書籍や雑誌翻訳を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)