• 本

八本目の槍

新潮文庫 い−145−1

出版社名 新潮社
出版年月 2022年5月
ISBNコード 978-4-10-103941-1
4-10-103941-0
税込価格 880円
頁数・縦 527P 16cm

商品内容

要旨

石田三成とは、何者だったのか。加藤清正、片桐且元、福島正則ら盟友「七本槍」だけが知る真の姿とは…。「戦を止める方策」や「泰平の世の武士のあるべき姿」を考え、「女も働く世」を予見し、徳川家に途方もない“経済戦”を仕掛けようとした男。誰よりも、新しい世を望み、理と友情を信じ、この国の形を思い続けた熱き武将を、感銘深く描き出す正統派歴史小説。吉川英治文学新人賞受賞。

出版社・メーカーコメント

石田三成とは、何者だったのか。 加藤清正、片桐且元、福島正則ら 盟友「七本槍」だけが知る真の姿とは……。「戦を止める方策」や 「泰平の世の武士のあるべき姿」 を考え、「女も働く世」を予見し、 徳川家に途方もない〈経済戦〉を 仕掛けようとした男。誰よりも、 新しい世を望み、理と友情を信じ、 この国の形を思い続けた熱き武将を、感銘深く描き出す正統派歴史小説。吉川英治文学新人賞受賞。

著者紹介

今村 翔吾 (イマムラ ショウゴ)  
1984(昭和59)年、京都生れ。2017(平成29)年『火喰鳥 羽州ぼろ鳶組』でデビュー。同作で歴史時代作家クラブ賞・文庫書き下ろし新人賞を受賞。’18年「童神」(刊行時『童の神』と改題)で角川春樹小説賞を受賞。’20(令和2)年『八本目の槍』で吉川英治文学新人賞受賞。’21年「羽州ぼろ鳶組」シリーズで吉川英治文庫賞受賞。’22年『塞王の楯』で直木賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)