• 本

差別の哲学入門

シリーズ・思考の道先案内 1

出版社名 アルパカ
出版年月 2021年12月
ISBNコード 978-4-910024-02-8
4-910024-02-6
税込価格 2,200円
頁数・縦 271P 19cm

商品内容

要旨

本書は「差別とはどういうものか」「差別はなぜ悪いのか」「差別はなぜなくならないのか」の3つの問いを通して、差別について哲学的に考えていきます。具体的な事例を使った差別の哲学、入門書の決定版!!

目次

序章 なぜ「差別の哲学」なのか
第1章 差別とはどういうものか(単なる区別と不当な差別とはどう違うのか
区別か差別かの分類のむずかしさ
アファーマティブ・アクションと逆差別 ほか)
第2章 差別はなぜ悪いのか(差別者の心や態度に問題があるのか(心理状態説)
害が大きいから悪いのか(害説)
自由を侵害するから悪いのか(自由侵害説) ほか)
第3章 差別はなぜなくならないのか(なぜ嘘はなくならないのか
悪気はなくても差別は起こる―事実による正当化
事実なのだから仕方がない、とはなぜ言えないのか ほか)
終章 差別の問題とこれからの哲学

著者紹介

池田 喬 (イケダ タカシ)  
1977年生まれ。明治大学文学部准教授。専門:哲学・倫理学(特に現象学、差別論)
堀田 義太郎 (ホッタ ヨシタロウ)  
1974年生まれ。東京理科大学教養教育研究院准教授。専門:哲学・倫理学(特に生命倫理学・差別論)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)