• 本

99年、ありのままに生きて

出版社名 中央公論新社
出版年月 2022年5月
ISBNコード 978-4-12-005521-8
4-12-005521-3
税込価格 1,760円
頁数・縦 293P 19cm

商品内容

要旨

デビューまもない36歳のエッセイから、99歳の最後の対談まで瀬戸内寂聴さんの一生を辿る決定版。

目次

1章 最近の寂庵から(99歳から次世代への遺言―対談林真理子
今に目を向ければ幸せへの入り口は見つかります―98歳、書き続けて
災害の多いこの国に生きる)
2章 恋と革命の小説家(恋愛におけるセールスマンシップ―ためらわず恋愛PR戦に打ち勝て
型やぶり愛情論―対談 岡本太郎
離婚慰謝料の経済学
東京を捨てて京都に移るの記)
3章 決意の独占手記(“佛の花嫁”になった私の真意)
4章 小説家として、僧侶として(エッセイ・評論編
対談・鼎談編)

出版社・メーカーコメント

大正・昭和・平成・令和 4つの時代をかけぬけて――「今、生きていてよかったと、つくづく思います」。デビューまもない36歳のエッセイから、99歳の最後の対談まで。人々に希望を与え続けた、瀬戸内寂聴さんの一生を辿る決定版。

著者紹介

瀬戸内 寂聴 (セトウチ ジャクチョウ)  
1922年、徳島県生まれ。東京女子大学卒業。63年「夏の終り」で女流文学賞受賞。73年、中尊寺にて得度。92年『花に問え』で谷崎潤一郎賞、96年『白道』で芸術選奨文部大臣賞、2001年『場所』で野間文芸賞、11年『風景』で泉鏡花文学賞を受賞。06年に文化勲章受章。2021年11月9日、永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)