• 本

競争の番人

出版社名 講談社
出版年月 2022年5月
ISBNコード 978-4-06-526814-8
4-06-526814-1
税込価格 1,760円
頁数・縦 348P 19cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 競争の番人

    月9ドラマの原作本。「元彼の遺言状」に続いての話題作。小説現代の連載時から注目されての早速のドラマ化だ。今作は「公正取引委員会」が舞台で、ありそうでなかった設定かもしれない。女性審査官とバリバリのキャリア審査官のコンビが巨悪を暴くストーリー。知らない仕事の中身を知ることができるのが、いわゆる「お仕事小説」のいいところ。頭の中でTVドラマの俳優陣のセリフまわしを想像しながら、読み進めるのもおもしろい。「このミス」大賞受賞作家の実力発揮の自信作だ。

    (2022年6月21日)

商品内容

要旨

ウェディング業界に巣くう談合、下請けいじめ、立入検査拒否。体育会系直情女子と毒舌系天才キャリアの凸凹バディが、はびこる悪を成敗する!

出版社・メーカーコメント

弱くても戦え!『元彼の遺言状』著者による公正取引委員会を巡るミステリー。勇気を振り絞り女性審査官・白熊楓が悪に立ち向かう。

著者紹介

新川 帆立 (シンカワ ホタテ)  
1991年アメリカ合衆国テキサス州ダラス生まれ、宮崎県宮崎市育ち。東京大学法学部卒業、同法科大学院修了後、弁護士として勤務。第19回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、2021年に『元彼の遺言状』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)