• 本

三毛猫ホームズの十字路

角川文庫 あ6−245

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2022年5月
ISBNコード 978-4-04-112595-3
4-04-112595-2
税込価格 748円
頁数・縦 299P 15cm

商品内容

要旨

晴美は友人・絵美が恋人に別れを告げる場に付き合うことに。だが、絵美に別れを切り出された男は彼女の部屋に爆発物を仕掛けた。爆発に巻き込まれ、晴美の目は見えなくなってしまう。片山刑事は犯人とその母親を追うが、尾行で辿り着いた団地で子供を狙った不可解な犯罪が多発、さらには爆破犯の姉が、死体で発見される。一方、晴美の入院先には、昔、片山に逮捕された前科持ちの男がいた。彼は、晴美が片山刑事の妹と気付くが。

出版社・メーカーコメント

友人の元恋人が仕掛けた爆発物。犯人を追う内、事件は複雑に絡み始める。友人の別れ話に立ち会った晴美。別れを切り出された男は友人の自宅に爆弾を仕掛け、巻き添えをくった晴美は目が見えなくなってしまう。兄の片山刑事は、姿を消した犯人を追うが……。人気シリーズ第45弾。

著者紹介

赤川 次郎 (アカガワ ジロウ)  
1948年、福岡県生まれ。76年、「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。作品が映画化されるなど、続々とベストセラーを刊行。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)