• 本

幽霊座

改版

角川文庫 よ5−59

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2022年5月
ISBNコード 978-4-04-112777-3
4-04-112777-7
税込価格 836円
頁数・縦 333P 15cm
シリーズ名 幽霊座

商品内容

要旨

人気随一の若手歌舞伎俳優・鶴之助が突如姿を消した。看板俳優として双璧をなしていた京三郎による犯行も疑われ、歌舞伎界全体を巻き込んだ大事件となる。鶴之助が失踪してから17年、追善興行が行われることとなったが、金田一豪助の悪い予感は的中し、惨劇があいつぐ結果に。梨園にわだかまる因襲と確執、激しい親子の愛憎の中に謎が隠されていた!本格推理中篇の傑作といわれる表題作の他「鴉」「トランプ台上の首」を収録。

出版社・メーカーコメント

横溝正史生誕120年記念復刊! 横溝正史の異色傑作!人気随一の若手歌舞伎俳優が失踪、17年後の追善興行で、またしても殺人事件が……。梨園にわだかまる因習と確執、激しい親子の愛憎の中に謎が隠されていた! 表題作に「鴉」「トランプ台の首」を収録。

著者紹介

横溝 正史 (ヨコミゾ セイシ)  
1902年、神戸市に生まれる。旧制大阪薬専卒。26年、博文館に入社。「新青年」「探偵小説」の編集長を歴任し32年に退社後、文筆活動に入る。信州での療養、岡山での疎開生活を経て、戦後は探偵小説雑誌「宝石」に、『本陣殺人事件』(第1回探偵作家クラブ賞長編賞)、『獄門島』『悪魔の手毬唄』などの名作を次々と発表。76年、映画「犬神家の一族」で爆発的横溝ブームが到来。今もなお多くの読者の支持を得ている。81年、永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)