• 本

とろり蜜嫁 長編小説 新装版

竹書房文庫 き4−19

出版社名 竹書房
出版年月 2022年5月
ISBNコード 978-4-8019-3103-9
4-8019-3103-0
税込価格 770円
頁数・縦 284P 15cm
シリーズ名 とろり蜜嫁

商品内容

要旨

三年前に妻を亡くした坂上健太郎は、有名料理店で板長を務めていたが、今は長年の疲れを癒すため家で休んでいた。そして息子夫婦と同居していたが、息子が海外に単身赴任となり、嫁の郷子と二人きりの生活になる。そんなある日、郷子が料理を教えてほしいと懇願。健太郎は快諾するが、しだいに郷子の知人も加わり、人妻相手の料理教室に。教室では郷子は助手を務め、親密になるほどに健太郎は優美で艶めく嫁に惹かれていく。そして、郷子も思わせぶりな行動を見せて…!?義父と嫁のとろけるようなエロスを描く、著者真骨頂の傑作禁断ロマン!

出版社・メーカーコメント

息子の嫁と料理教室を始めた義父は背徳の囁きに誘われて・・・禁断回春エロスの傑作!三年前に妻を亡くした坂上健太郎は、有名料理店で板長を務めていたが、今は長年の疲れを癒すため家で休んでいた。そして息子夫婦と同居していたが、息子が海外に単身赴任となり、嫁の郷子と二人きりの生活になる。そんなある日、郷子が料理を教えてほしいと懇願。健太郎は快諾するが、しだいに郷子の知人も加わり、人妻相手の料理教室に。教室では郷子は助手を務め、親密になるほどに健太郎は優美で艶めく嫁に惹かれていく。そして、郷子も思わせぶりな行動を見せて・・・義父と嫁のとろけるようなエロスを描く著者真骨頂の傑作禁断ロマン、新装版で登場。

著者紹介

霧原 一輝 (キリハラ カズキ)  
1953年、愛知県名古屋のベッドタウンで生まれる。高校時代に学生運動の洗礼を受ける。早稲田大学文学部に入学後、演劇活動に邁進。そこで様々な女性に出会い性に目覚める。2006年に『恋鎖』(双葉社)で霧原一輝としてデビューし、次々と作品を発表。現在、「回春ロマン」の旗手として脚光を浴び、多くの読者の支持を得ている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)