• 本

読書の森で寝転んで

文春文庫 は36−16

出版社名 文藝春秋
出版年月 2022年6月
ISBNコード 978-4-16-791900-9
4-16-791900-1
税込価格 781円
頁数・縦 290P 16cm

商品内容

要旨

「寺山は登場したときから、すでに完成していたのかもしれない」。寺山修司の愛読者・葉室麟も、五十歳を過ぎてデビューした時、すでに完成されていた。直木賞受賞前後から逝去までの間に発表した書評、随筆、小説講座、掌編等をふんだんに収録。人生の苦渋と他者への敬愛、そして読書が遅咲きの国民作家を完成させたと知る一冊。

目次

第1章 読書の森で寝転んで(わたしを時代小説家へと導いた本
『韃靼疾風録』司馬遼太郎 ほか)
第2章 歴史随想ほか(“西郷隆盛”とは誰だったのか
三英傑 ほか)
第3章 小説講座で語る(小説は虚構だけど、自分の中にある本当のことしか書けない。書くことは、心の歌をうたうことです。)
第4章 掌編、絶筆(芦刈
我に一片の心あり―西郷回天賦 ほか)

出版社・メーカーコメント

最後にして最高のエッセイ集!人生という戦場に出るには読書という武装が欠かせない。人間、歴史、本を語り尽くした最後のエッセイ集。絶筆「我に一片の心あり」収録。「寺山は登場したときから、すでに完成していたのかもしれない」。寺山修司の愛読者・葉室麟も、五十歳を過ぎてデビューした時、すでに完成されていた。直木賞受賞前後から逝去までの間に発表した書評、随筆、小説講座、掌編などをふんだんに収録。人生の苦渋と他者への敬愛、そして読書が遅咲きの国民作家を完成させたと知る一冊。

著者紹介

葉室 麟 (ハムロ リン)  
1951年北九州市小倉生まれ。西南学院大学卒業後、地方紙記者などを経て、2005年『乾山晩愁』で第29回歴史文学賞を受賞し作家デビュー。2007年『銀漢の賦』で第14回松本清張賞、2012年『蜩ノ記』で第146回直木賞、2016年『鬼神の如く 黒田叛臣伝』で第20回司馬遼太郎賞を受賞。2017年12月23日、逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)