• 本

『パンセ』で極める人間学

NHK出版新書 677

出版社名 NHK出版
出版年月 2022年6月
ISBNコード 978-4-14-088677-9
4-14-088677-3
税込価格 968円
頁数・縦 211P 18cm

商品内容

要旨

「100分de名著」でもおなじみ、博覧強記のフランス文学者が、西洋哲学の古典『パンセ』から、現代人にとって切実かつ魅力的な部分を抽出し、自身の訳と解説を施すことで、新たな箴言集、いわば『パンセ 人間学篇』を編み直す。読者が、パスカルの思想に触れながら、人間の二大苦悩である「自我」と「幸福追求」について、自らの答えに行き着くよういざなう、究極の哲学ガイド。

目次

ようこそ、『パンセ』の人間学へ
人は気晴らしなしでは生きられない
すべては「ドーダ」で理解できる
とにかく自分のことが好き!
人間は奇妙なオルガンである
人は変わる?変わらない?
人間は習慣によってつくられる
オネットムと言われるようになれ
想像力って素晴らしい!
現在に安住できないのはなぜ?
「正義」ってなんだろう?
人間は惨めで偉大な存在である
人間は考える一本の葦である
だから神は存在する

出版社・メーカーコメント

博覧強記のフランス文学者が、西洋哲学の古典『パンセ』から、現代人にとって切実かつ魅力的な部分を抽出し、新たな箴言集を編み直す。読者が、パスカルの思想に触れながら、人間の二大苦悩である「自我」と「幸福追求」について、自らの答えに行き着くよういざなう、究極の哲学ガイド。

著者紹介

鹿島 茂 (カシマ シゲル)  
1949年、神奈川県横浜市生まれ。作家、フランス文学者。元明治大学国際日本学部教授。東京大学文学部仏語・仏文科卒業、同大大学院人文科学研究科博士課程単位修得満期退学。専門は19世紀フランス文学。『馬車が買いたい』(サントリー学芸賞)、『子供より古書が大事と思いたい』(講談社エッセイ賞)など著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)