• 本

抜け殻仮説への挑戦 認知症の人の「自律」の概念を考える

出版社名 三省堂書店/創英社
出版年月 2022年6月
ISBNコード 978-4-87923-144-4
4-87923-144-4
税込価格 1,320円
頁数・縦 128P 19cm

商品内容

目次

第1章 日常生活・社会生活における自律の概念(杉山さん一家のたいへんな一日
「本人の意向に沿うこと」と「危険を避けること」。どっちが大事? ほか)
第2章 医療ケアにおける自律の概念(清三郎お爺さんが食べられなくなった!
患者の「自律の権利」確立の歴史的背景 ほか)
第3章 認知症の人の「自律」を考える―認知症ケアの倫理(新しい認知症ケアの倫理
認知症の人の意思決定能力 ほか)
第4章 「自律」の再概念化を考える(家族や介護者に依存している認知症の人の「自律」、「自己決定権」とは、何を意味するのか?
個別的な自律の概念―ひとりで自己決定できること ほか)

著者紹介

箕岡 真子 (ミノオカ マサコ)  
日本臨床倫理学会総務担当理事。東京大学大学院医学系研究科医療倫理学分野客員研究員。箕岡医院院長。主な研究領域:終末期医療ケアの倫理・高齢者の介護倫理・認知症ケアの倫理(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)