• 本

カリキュラマシーン大解剖

出版社名 彩流社
出版年月 2022年6月
ISBNコード 978-4-7791-2823-3
4-7791-2823-4
税込価格 3,300円
頁数・縦 457P 21cm

商品内容

要旨

カリキュラマシーンよ、永遠なれ!平成カリキュラマシーン研究会の任務は「『カリキュラマシーン』の精神を未来に伝えること」である。『カリキュラマシーン』という番組がかつて放送され、番組が大好きだった研究会メンバーが大人になってスタッフと出会い、再び『カリキュラマシーン』を体験し、脳裏に刻まれた「記憶」を喚起し、礼讃する。

目次

喰始さん×宮島将郎ディレクターインタビュー テレビの黄金時代の最後の番組
浦沢義雄さん×宮島将郎ディレクターインタビュー 『カリキュラマシーン』だけをずっとやっていたかった
齋藤太朗ディレクターインタビュー 「毎日が文化祭」ですから(笑)
仁科俊介プロデューサーインタビュー こんぺい糖のとげとげを取っちゃったらただのアメ玉でしょう?
おおよそ第4回ぐらい?カリキュラナイト とりあえず無題の回
おおよそ第5回ぐらい?カリキュラナイト あいつのあたまはあいうえお
おおよそ第6回ぐらい?カリキュラナイト 歌うディレクターVS歌うキャスト 聴いて聞いてキャ!キュ?キョ!?
おおよそ第7回ぐらい?カリキュラナイト 光子の窓からイチ・ニの為五郎!…ナヌ?
おおよそ第8回ぐらい?カリキュラナイト 空飛ぶ九ちゃんゲバゲバピー
おおよそ第9回ぐらい?カリキュラナイト 帰ってきたえんぴつのジョー〜持ち方がなっちゃいねぇぜ!〔ほか〕