• 本

知らない自分に出会う精神分析の世界

出版社名 幻冬舎メディアコンサルティング
出版年月 2022年6月
ISBNコード 978-4-344-93447-4
4-344-93447-4
税込価格 1,650円
頁数・縦 198P 19cm

商品内容

要旨

なにをやっても楽しくない…。つい人に強く当たってしまう…。幸せなはずなのになぜか憂うつになる…。自分の心と向き合い負の感情を解放する「無意識」に着目した精神分析とは。憂うつ、怒り、不安、落ち込み、理由の分からない心の動きを精神科医が考察する。

目次

第1章 心がつらくなるのには理由がある(心はどこにあるのか
「快・不快」の感覚が心を育む基礎となる ほか)
第2章 心のありようや成り立ち、無意識を探る精神分析とは(意識できない「無意識」は、意識の背後で常に動いている
心を分かりやすくモデル化したフロイト ほか)
第3章 憂うつ、怒り、不安、落ち込み―日常的な診療で出会うケースの精神分析(自分の考えや行動を省みること
「憂うつ」を感じるケースとその無意識的な原因 ほか)
第4章 精神分析で自分の心と正面から向き合う(どんな状態や場合が分析的治療の適応になるのか
精神分析でスッキリするわけではない ほか)

出版社・メーカーコメント

理由の分からない憂うつ、怒り、不安、落ち込み、精神分析でその原因を探る。自分でもなぜか理解できない発言や行動の原因は過去の記憶や体験によって抑え込まれた自分の本来の感情が潜む「無意識的な領域」にあった!

著者紹介

庄司 剛 (ショウジ ツヨシ)  
北参道こころの診療所院長。1999年に筑波大学医学専門学群卒業後、東京大学医学部附属病院心療内科、長谷川病院精神科を経て2008年〜2013年までロンドン、タビストッククリニックに留学。帰国後、心の杜・新宿クリニックに在籍し、2021年より医療法人イプシロン北参道こころの診療所に勤務。日本精神分析学会、日本精神分析的精神医学会などに所属。精神保健指定医、BPC(British Psychoanalytic Council)Psychodynamic Psychotherapist、TSP(The Tavistock Society of Psychotherapist)メンバー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)