• 本

凡事徹底 前橋育英高校野球部で教え続けていること

出版社名 カンゼン
出版年月 2022年6月
ISBNコード 978-4-86255-649-3
4-86255-649-3
税込価格 1,870円
頁数・縦 222P 19cm

商品内容

要旨

荒井直樹監督、指導論の集大成。想像を超える強さは、やはり当たり前の積み重ねでしか生まれない。「対話」を通じて選手に寄り添い、成長を見届ける、それこそ指導者として最高の喜びだ―。

目次

第1章 監督として超える(甲子園優勝で一変「甘い」から「信念を貫いた」
ターニングポイントは3年ぶりに甲子園出場を決めた2016年夏の決勝 ほか)
第2章 技術を超える(キャッチボールで試合を想定。準備を怠るな
バント処理でプレッシャーを与える ほか)
第3章 チームとして超える(前のチームを超える
「この選手と一緒に野球がしたい」と思わせる要素とは ほか)
第4章 人として超える(忘れられない100回大会、健大高崎との決勝
苦労人が打ち、ホームを踏んだ劇的なサヨナラ勝利 ほか)

出版社・メーカーコメント

埼玉西武のエースピッチャー、高橋光成投手が帯推薦!(著者の教え子です)全国制覇、甲子園常連、プロ選手を多数輩出する・前橋育英荒井直樹監督の座右の銘「凡事徹底」を通した人づくり、チームづくりはどのようにアップデートされているのか。また、変わらない指導の根幹とは。最新指導論がこの一冊に。

著者紹介

田中 夕子 (タナカ ユウコ)  
神奈川県生まれ。神奈川新聞運動部でのアルバイトを経て、『月刊トレーニングジャーナル』編集部勤務。2004年にフリーとなり、バレーボール、水泳、フェンシング、レスリングなど五輪競技を取材(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)