• 本

47都道府県・博物館百科

出版社名 丸善出版
出版年月 2022年6月
ISBNコード 978-4-621-30722-9
4-621-30722-3
税込価格 4,400円
頁数・縦 323P 20cm

商品内容

要旨

博物館とは、有形無形の多様なものが蓄積されて調査研究が行われ、展示などを通して人々に知的刺激と楽しみを感じてもらう目的の場所である。研究活動は学術の進展につながり、個人利用にとどまらず社会的にも必要とされる存在である。本書では、約5,700館あるとされる全国各地の博物館のうち、考古・歴史民俗・文学などの人文系および自然史・動植物・理工などの自然系の事物を扱う施設から、規模を問わず766事例を厳選して紹介した。博物館を探し訪ねる際の参考になるだけでなく、博物館の世界の奥深さを知るためのきっかけとなる一冊。

目次

第1部 私たちと博物館(博物館とは
博物館で働く人と支える人々
博物館の楽しみ方、使い方
博物館に関係する団体と活動)
第2部 都道府県別 博物館とその特色(北海道
青森県
岩手県
宮城県
秋田県 ほか)

著者紹介

可児 光生 (カニ ミツオ)  
美濃加茂市民ミュージアム館長。学芸員。名古屋大学文学部史学科(国史学)卒業。社会的役割を果たすために地域博物館はどうあるべきかを考えながら活動している。岐阜大学、青山学院大学など非常勤講師。文化庁「博物館の管理運営に関する研修」企画運営委員
草刈 清人 (クサカリ キヨト)  
ミュージアムフリーター。練馬区立牧野記念庭園運営プロデューサー。日本展示学会副会長。東京都市大学、文化学園大学非常勤講師。国際基督教大学卒。(株)丹青社、(株)丹青研究所で博物館の調査、計画、展示、施設運営などに従事
坂本 昇 (サカモト ノボル)  
伊丹市昆虫館館長。学芸員、司書。大阪教育大学大学院教育学研究科中退。伊丹市昆虫館で展示開発や教育事業、地域での活動などに取り組んでいる。小規模ミュージアムネットワーク世話人。日本博物館協会棚橋賞、日本展示学会論文賞・作品賞などを受賞
高田 浩二 (タカダ コウジ)  
海と博物館研究所所長。博士(学術)。学芸員。東海大学海洋学部卒業。大分マリーンパレスを経てマリンワールド海の中道にて12年間館長を務めた後、福山大学生命工学部教授を歴任。水族館や博物館の教育普及、展示開発、人材育成などをライフワークにしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)