• 本

とむらい屋颯太

徳間文庫 か55−1 徳間時代小説文庫

出版社名 徳間書店
出版年月 2022年7月
ISBNコード 978-4-19-894761-3
4-19-894761-9
税込価格 781円
頁数・縦 313P 15cm

商品内容

要旨

新鳥越町二丁目に「とむらい屋」はある。葬儀の段取りをする颯太、死化粧を施すおちえ、渡りの坊主の道俊。時に水死体が苦手な医者巧先生や奉行所の韮崎宗十郎の力を借りながらも、色恋心中、幼なじみの死、赤ん坊の死と様々な別れに向き合う。十一歳の時、弔いを生業にすると心に決めた颯太。そのきっかけとなった出来事とは―。江戸時代のおくりびとたちを鮮烈に描いた心打つ物語。

著者紹介

梶 よう子 (カジ ヨウコ)  
東京都生まれ。2005年「い草の花」で九州さが大衆文学賞大賞を受賞。08年『一朝の夢』で松本清張賞を受賞し、同作にてデビュー。16年『ヨイ豊』で直木賞候補となり、同作品が歴史時代作家クラブ賞作品賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)