• 本

約束の月 上

祥伝社文庫 こ17−67 風烈廻り与力・青柳剣一郎 58

出版社名 祥伝社
出版年月 2022年7月
ISBNコード 978-4-396-34826-7
4-396-34826-6
税込価格 792円
頁数・縦 327P 16cm
シリーズ名 約束の月

商品内容

要旨

陸奥国白根藩水沼家は世継ぎ騒動で揺れていた。嫡男は病死、藩主も病に倒れ、将軍家との養子縁組が浮上する。そんな中、落とし胤の存在が発覚したのだ。その頃、青柳剣一郎は、小間物屋の手代清太郎をならず者から救う。店主の娘お絹に近づくなと脅されたという。お絹にはいくつもの縁談話があった。二人を見守る剣一郎だったが、清太郎は再び何者かに襲われ…。

出版社・メーカーコメント

将軍家を巻き込むお家騒動に翻弄される若い男女が選んだ未来は?「約束を守ることが、信頼につながるのだ」悩める与力・剣一郎が江戸の人々の平安を守る、感動の上下巻!陸奥国白根藩水沼家は世継ぎ騒動で揺れていた。嫡男は病死、藩主も病に倒れ、将軍家との養子縁組が浮上する。そんな中、落とし胤の存在が発覚したのだ。その頃、青柳剣一郎は、小間物屋の手代清太郎をならず者から救う。店主の娘お絹に近づくなと脅されたという。お絹にはいくつもの縁談話があった。二人を見守る剣一郎だったが、清太郎は再び何者かに襲われ……。

著者紹介

小杉 健治 (コスギ ケンジ)  
1947年、東京生まれ。83年「原島弁護士の処置」で、オール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。87年『絆』で日本推理作家協会賞を、90年『土俵を走る殺意』で吉川英治文学新人賞を受賞する。社会派ミステリーから時代小説まで、幅広いジャンルで多くの読者を魅了し続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)