• 本

83歳、脱サラ農家の終農術 おいしく・はつらつ・愉快に生きる

出版社名 築地書館
出版年月 2022年7月
ISBNコード 978-4-8067-1638-9
4-8067-1638-3
税込価格 1,980円
頁数・縦 199P 19cm

商品内容

要旨

サラリーマン時代に磨いたビジネス感覚で新規就農、週休4日・夫婦の年間労働3,000時間の農業経営を成功させた著者が、農地を後継者に引き渡して「終農」して5年。農ビジネス引退後も楽しく自由に暮らす秘訣とは?家庭菜園で充実の日々、78歳までの現役時代と引退後のお金の管理の変化から、事業承継のトラブルまで赤裸々に語る。

目次

1 農終いしても植物との付き合いは終わらず(就農と家建て
地下室と遊び場を作ろう
広々収納で快適生活 ほか)
2 脱サラお百姓さんの、引退と引き継ぎ(夫婦二人の小規模農園経営から得たもの
事業を終う―引き継ぎとお金の話
さまざまな離農)
3 エンジョイ・リタイアメントライフ!(趣味をとことんエンジョイしよう
発酵プロセスにこだわるワイン作り
ワイン作りの挑戦は続く ほか)

著者紹介

杉山 経昌 (スギヤマ ツネマサ)  
1938年(昭和13年)、東京に生まれる。5歳のときに疎開して千葉県で成長し、千葉大学文理学部化学科を卒業。通信機器メーカーと半導体メーカーを経験したのち、50歳で宮崎県綾町で農業を始める。サラリーマン時代は左手にコンピューター、右手に経営書を常に携えた経験を十分に生かし、観光果樹園経営ののち78歳で終農、悠々自適生活に入り現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)